[HOME]


  
2017/03   17  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

の日をクリックして下さい。



(豆料理クラブMLより)
今日は梅田のHomedoorで、ホームレス支援のケースワーカー養成講座の3回目で、とても有意義でした。釜ヶ崎の病院で長年ケースワーカーをしている奥村さんという方から、レクチャーを受けました。
今のところこのホームレス支援のNPO団体になにも貢献してないわたしが(寄付もまだまったくしていないのです)、無料でこんな貴重なレクチャーを受けさせていただいていいものなのかというたいへん恵まれた学びの機会です。

■ところで、今日の、陸上自衛隊の日報をめぐるニュースに改めて驚きました。
http://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20170315/k10010912591000.html

これはとんでもないことですね。
これが大問題にならないとしたら、わたしたち、麻痺してしまってる。
陸自が一貫して保管していた日報、これまでの稲田防衛大臣答弁と食い違うとして先月消去を命じられていたとのこと。
保管していた現場の人も納得行かない上の判断でしょう。ありえない。

■そして、森友学園問題の方も、驚きの展開でした。
これはまったく些末な感想なんですが、関西人の自分は飛び交う関西弁に感情がかき立てられます。
昨日紹介した菅野完さんに対して、彼の過去に起こしたと言われる性犯罪事件から批判的な意見が書かれてもいて、実際、問題のある人なんだろうとも思いました。はったりが好きないわば柄の悪い大人たちに囲まれて育った人なんだろうと。

京都にいるとあまり感じないのですが、大阪に行くと、柄の悪い人たちと接触する場所があります。今、30年ぶりくらいに梅田のはずれのに頻繁に行くようになって、ああ、ここは自分のホームタウンだったなあと感じます。闇の見えやすいこの街で若い頃過ごしたことを思い出します。

京都の四条河原町を歩いてもホームタウンとか思うような気持ちにはまったくならないのだけど、梅田では、それを感じる。若い頃、そこで遊んだ街で、柄の悪い場所もいくらか知っていて、悪い大人に声をかけられたり、危険な目にもあった場所だからなのか。

維新の会が人気を持つ街なんですよね、大阪は。
この泥臭さがいやで、大人になって東京で暮らし、今も京都に住んでるのかもしれないのですが、今自分の中の大阪的なものと向き合う時なんだなあと感じています。
籠池さんといううさんくさい大阪のおっちゃんと関係を作ったのは、いわば柄の悪い関西人である菅野さんだった。二人とも関西弁で爆弾発言をした。そのまえには鴻池さんも出てきて、やっぱり関西弁で爆弾発言をした。

3人とも友だちになりたいとは思わないけれど、正直に申し上げて、わたしにはカタルシスがあります。それまで延々と国会で標準語の空疎な答弁を聞いてきたからか。

みんな死なないで、ほんとのことを語ってくれよ、と思います。